火災保険の基礎知識

雨漏りに火災保険は使える?

投稿日:

台風や暴風雨などで雨漏りが発生することがあります。雨漏りは放っておくと壁紙や電化製品など他のものへも影響が出て修理費用が増えてしまいます。しかし、雨漏りの修理にもお金がかかるので保険が使えるのなら保険を使いたいですよね。火災保険で雨漏りに対する補償は受けられるのか紹介します。

補償対象になるかは雨漏りの原因による

雨漏りが火災保険の補償対象になるかは雨漏りの発生原因によります。台風などの自然災害で屋根等が破損して雨漏りが発生した場合は補償の対象となりますが、経年劣化や元からあった隙間などが原因で雨漏りが発生した場合は補償の対象とはなりません。

補償の対象となる事例

以下のような自然災害が原因となって雨漏りが発生した場合は火災保険の補償の対象となります。

  • 台風や暴風などで屋根瓦が飛んだ
  • 雹(ひょう)によって屋根に穴が開いた
  • 強風によって飛んできた看板が屋根に当たって破損した
  • 雪の重みで雨どいが変形した

補償の対象外となる事例

火災保険は基本的に偶発的な損害を補償するものなので、以下のような事例では火災保険の補償の対象外となります。

  • 経年劣化による雨漏り
  • 施工不良による雨漏り
  • 太陽光パネルの設置や屋根塗装を行ったことによる雨漏り
  • リフォームや増築の影響による雨漏り

また、以下のような場合では自然災害が原因でも火災保険の補償の対象外となります。

  • 損害額(修理費用)が免責金額以下の場合
  • 損害が発生してから3年以上経過している場合

特に火災保険を昔契約したままにしている場合は20 万円未満の損害では保険金が支払われないような設定となっていることが多いです(フランチャイズ方式)。損害額が20万円以上の場合は全額支払われます。最近の火災保険の契約では3万円や5万円などの免責金額を契約時に設定して、損害額がいくらであってもその設定した金額を差し引いた金額の保険金が支払われる形式です(免責方式)。

損害額 フランチャイズ方式 免責方式
(免責金額:5万円)
損害額3万円 保険金:0円
自己負担:3万円
保険金:0円
自己負担:3万円
損害額15万円 保険金:0円
自己負担:15万円
保険金:10万円
自己負担:5万円
損害額30万円 保険金:30万円
自己負担:0円
保険金:25万円
自己負担:5万円

最近の火災保険の免責方式の方がよいという場合は火災保険の契約の見直しを行いましょう。

免責金額
火災保険の免責金額って何?いくらで設定する?
火災保険の契約の際、免責金額を自分で選んで設定する必要がある場合があります。しかし、「免責金額」という言葉は日常生活で使うことはほぼなく、免責金額とはいったい何 ...

続きを見る

保険金請求の手順

自然災害が原因の雨漏りで火災保険を利用できる場合の保険金の請求の手順を紹介します。雨漏り以外でも基本的にこの手順で保険金の請求を行います。

step
1
保険会社に連絡

まず、契約する保険会社に損害を受けたことを連絡してください。契約者氏名、保険証券番号、事故内容、被害状況などを伝えることとなります。

step
2
保険会社から必要書類等が送られてくる

保険会社に連絡すると、保険金の請求に必要な書類や案内が送られてきます。内容をしっかりと確認するようにしましょう。

step
3
保険会社に必要書類の提出

保険会社からの案内に従って必要な書類を用意して保険会社に書類を提出しましょう。保険会社指定の保険金請求書、修理費用の見積書、被害の状況がわかる写真などが必要となります。

step
4
保険会社による鑑定人の調査

鑑定人が被害状況の確認・調査を行います。調査結果と契約者からの申請書類などをもとに保険金の支払対象か審査を行い、支払われる保険金の金額が確定します。

step
5
保険金の入金

保険金の金額が確定したら、契約者指定の口座に保険金が支払われます。

火災保険の申込書
火災保険の請求方法
家を購入したときや賃貸のマンション・アパートを契約したときに、多くの方が火災保険に加入していると思います。しかし、火災保険の対象となる損害を受けたのに保険金の請 ...

続きを見る

まとめ

自然災害が原因の雨漏りの場合は火災保険の補償対象となりますが、経年劣化や施工不良などが原因の雨漏りは火災保険の補償の対象となりません。

また、昔契約した火災保険の場合、自然災害が原因でも損害額(修理費用)が20万円未満だと保険金が支払われない契約となっていることが多いです。最近の免責方式の方がよい場合は、現在契約している保険会社で契約の変更してもよいですが、火災保険一括見積もりサービスを利用するのをおすすめします。一度に複数社の火災保険の見積もりが取れるので、簡単に保険料や補償内容に満足がいく火災保険を見つけることができます。ぜひ一度利用してみてください。

-火災保険の基礎知識

\火災保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.