火災保険の基礎知識

台風による屋根の被害!火災保険で修理しよう!!

投稿日:

台風のシーズンとは夏から秋にかけてをイメージするかと思いますが、台風自体は1年中発生しています。台風は強風や大雨に注意する必要があります。接近する台風の強さも非常に強い勢力の場合は台風の情報などをこまめにチェックするようにしましょう。強風によって物が飛ばされたり、屋根の瓦などが飛ばされたりする危険性があります。台風の被害によって受けた屋根の修理は火災保険のどの補償で損害を賄えるのかや申請方法等について確認し、台風到来に備えましょう。

台風による屋根への被害は火災保険の「風災」補償で修理しよう

台風による被害で自宅の屋根瓦が飛んでしまったり、雨樋が壊れてしまったりした場合には、火災保険の風災補償で修理を行う事ができます。台風や台風に伴う暴風雨で屋根に損害が出てしまった時は、契約している保険会社に保険金の申請を行いましょう。ただし、保険金の受取には条件があるため確認をしておきましょう。

風災補償とは、台風や強風・突風・竜巻などの自然災害による損害に対して保険金を受け取る事ができる補償です。保険の対象は契約時に、「建物と家財」「建物のみ」「家財のみ」から選択し、補償の対象となっている建物や家財の損害に対して補償を受ける事ができます。

台風による屋根への想定される被害例

台風が原因での屋根への損害でよくあるケースを確認しておきましょう。自然災害により被った被害は火災保険の補償対象となります。

  • 強風で屋根瓦が飛んでしまった
  • 台風による強風で飛んできた物により屋根に穴が空いた
  • 台風による暴風雨が原因で雨漏りが生じた
  • 台風による暴風が原因での漆喰や雨樋のき損
  • 台風による暴風が原因での練板金のズレや浮き

台風による屋根への風災補償を受けるための条件

台風による屋根への損害で火災保険の風災補償を受けるためには、火災保険の風災補償の契約がある事が必要になります。また、屋根への損害は「建物への補償」として受ける事ができるため、火災保険の対象に建物で契約があることが必要です。

損害に対する保険金の受取は自己負担額以上の損害であることが必要になります。火災保険の契約時に免責金額を設定している場合は、損害額が免責金額以上である必要があり、受け取れる保険金は損害額から免責金額を差し引いた金額となります。フランチャイズ方式を採用している保険会社と契約している場合は、20万円未満の損害には保険金が支払われません。20万円以上の損害であれば、全額支払いとなるという設定になっていますので注意しましょう。

また、台風による屋根への損害は自然災害となり、条件を満たせば火災保険の適用を受ける事が出来ますが、損害が発生してから3年を経過している場合は補償を受ける事が出来ません。そして大切な事は、保険会社には修理前に契約者が連絡をする事です。契約している保険会社に連絡をする前に修理を行ってしまうと保険金が受け取れない可能性があります。損害を受けたことを修理業者などからではなく、自分で連絡し必要書類や申請の手順などを確認しましょう。

自然災害による損害でも「経年劣化」と判断されると補償は受けられません。

火災保険は、被害を事前予測できたであろう損害に対しては補償対象外となってしまいます。例えば、明らかに老朽化によって屋根が傷んでいると判断できるような状態の場合などです。台風は事前に情報を確認できる自然災害です。お住まいの地域で台風予報などなどがある場合は、事前に台風対策を行って災害に備える事が一番大切な事です。経年劣化と判断されれば、火災保険の補償は受けられませんので、台風をきっかけに火災保険の保険金で修理しようと言ったような事はないように日々のメンテナンスは自分で行う事が基本です。

屋根は常に風や雨にさらされている場所であり、風や雨による被害を常に受けています。雨漏りなどの実害で損害が出てしまった時の判断が難しい場所でもあります。そのため定期的に屋根の状態のチェック行う事は大切です。定期的に状態の確認を行っていれば、異常が見つかった時に自然災害が原因であれば、火災保険で補償を受ける事が可能となるでしょう。

屋根修理
屋根修理に火災保険が使えるって本当?適用できない場合は?
屋根の修理に火災保険を利用できる場合があります。火災保険は火災の時のためだけの保険ではないのです。台風などによる強風、雪の重み、雹(ひょう)といった自然災害で屋 ...

続きを見る

保険金の請求方法

台風が原因で屋根に損害が出てしまった場合は、一刻も早く修理するために業者などに連絡してしまいがちです。しかし、火災保険の保険金を受け取るためにはまず保険会社に損害を受けたことの連絡をすることを忘れないようにしましょう。

step
1
保険会社に連絡

まず、契約する保険会社に損害を受けたことを連絡してください。契約者氏名、保険証券番号、事故内容、被害状況などを伝えることとなります。

step
2
保険会社から必要書類等が送られてくる

保険会社に連絡すると、保険金の請求に必要な書類や案内が送られてきます。内容をしっかりと確認するようにしましょう。

step
3
保険会社に必要書類の提出

保険会社からの案内に従って必要な書類を用意して保険会社に書類を提出しましょう。保険会社指定の保険金請求書、修理費用の見積書、被害の状況がわかる写真などが必要となります。

step
4
保険会社による鑑定人の調査

鑑定人が被害状況の確認・調査を行います。調査結果と契約者からの申請書類などをもとに保険金の支払対象か審査を行い、支払われる保険金の金額が確定します。

step
5
保険金の入金

保険金の金額が確定したら、契約者指定の口座に保険金が支払われます。

雨漏り
雨漏りに火災保険は使える?
台風や暴風雨などで雨漏りが発生することがあります。雨漏りは放っておくと壁紙や電化製品など他のものへも影響が出て修理費用が増えてしまいます。しかし、雨漏りの修理に ...

続きを見る

まとめ

台風が原因で屋根に損害が出てしまった場合は、火災保険の風災補償で保険金を受け取る事ができます。保険金を受け取るためには、保険金支払いにおける下記ポイントをおさえておくことが大切です。

  • 火災保険の建物の契約があること
  • 火災保険の風災補償の契約があること
  • 免責金額を設定している場合の保険金受取は「損害額-免責金額」
  • フランチャイズ方式での契約の場合は20万円未満の損害は保険金が受け取れない
  • 3年以上経過した損害は補償外となる
  • 経年劣化による損害は対象外
  • 修理前に契約者が保険会社に損害の報告を行う

台風は事前に予想する事が出来る災害です。台風による屋根への損害は火災保険の風災補償で補償を受ける事が出来ますが、被害を可能な限り小さくするためにも対策をしておく事は大切です。予期せぬ自然災害は大きな損害を受けてしまう可能性もあります。そんなリスクに備えて火災保険でしっかり準備しておくと安心です。一括見積もりサイトなどを利用し、自分に必要な補償をいくらくらいで契約できるのか確認してみましょう。

-火災保険の基礎知識

\火災保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.