火災保険料を安くするには

在来工法よりも2×4工法のほうが火災保険が安いって本当?

投稿日:

日本の木造住宅で代表的な工法として、在来工法とツーバイフォー工法(枠組壁工法)の2つがあります。この2つの工法にはそれぞれメリット・デメリットがありますが、そのうちの1つとしてツーバイフォー工法のほうが在来工法よりも火災保険が安いということを聞いたことはありませんか?実際のところ、ツーバイフォー工法は本当に火災保険料が安くなるのでしょうか?

ツーバイフォーのほうが安いというのはおおむね正しい

在来工法よりもツーバイフォー工法のほうが火災保険料が安いというのはおおむね正しいです。ツーバイフォー工法は耐火性能に優れているので、そうでない在来工法よりも火災保険料が安くなることが多いです。

火災保険では建物の構造によって保険料が変わります。戸建ての住宅の場合、建物の耐火性能によってT構造(耐火構造)とH構造(非耐火構造)に分けられ、T構造のほうが保険料は安くなります(耐火性能に優れた二世帯住宅の場合などでさらに保険料の安いM構造(マンション構造)に当たることもあります)。

木造の建物は多くの場合、保険料の高いH構造となりますが、ツーバイフォー工法で建てた場合は省令準耐火構造の住宅と認定されることが多く、その場合はT構造として火災保険料が安くなります。ただし、ツーバイフォー工法でも省令準耐火構造の仕様に沿っていない場合はH構造となって保険料が高くなります。また、在来工法であっても省令準耐火構造の仕様に沿って建築すればT構造となって保険料が安くなります。それゆえ、ツーバイフォー工法のほうが火災保険が安いというのは「おおむね」正しいとしているのです。

構造級別 建物の例
M構造 柱がコンクリート造・コンクリートのブロック造・れんが造・石造の共同住宅、耐火建築物の共同住宅
T構造 柱がコンクリート造・コンクリートのブロック造・れんが造・石造・鉄骨造の建物(共同住宅以外)、耐火建築物(共同住宅以外)、準耐火建築物、省令準耐火建物
H構造 M構造・T構造に該当しない建物

構造級別の判定チャート

木造建物
木造でも省令準耐火構造なら火災保険料が安くなる
家を買う場合、火災保険にも加入する人がほとんどだと思います。特に、住宅ローンを借りる場合は火災保険への加入が条件となっているのが基本です。しかし、火災に弱い木造 ...

続きを見る

省令準耐火構造かの確認方法

省令準耐火構造なら火災保険が安くなりますが、建物が省令準耐火構造なのかはどのように確認すればよいのでしょうか?施工業者やハウスメーカーに聞くのもよいですが、保険会社に確認書類を求められることがあるのでどのような書類で確認できるのか紹介します。

  • 設計仕様書、設計図面、住宅などの性能を示すパンフレットなど
  • 住宅金融支援機構の承認を得た「木造軸組工法による省令準耐火構造の住宅」に適合することがわかる資料(特記仕様書)
  • 施工者、またはハウスメーカーが発行した証明書
  • 住宅金融支援機構等特約火災保険を契約していた(または契約している)建物で、「ご契約カード」などの構造級別欄が以下のいずれかの表示であること
    • C’(3’)
    • 省令準耐火
    • 省令簡耐

「省令準耐」「省令簡易耐火」「省令簡耐」「簡易耐火」「簡耐」のように記載されていることがありますので気を付けてください。

住宅に関する書類
建物の耐火性能(耐火建築物等)はどこで確認できる?
火災保険は建物の構造や耐火性能によって保険料に違いが出てきます。そのため、火災保険の申し込みの際には耐火性能の確認ができる書類の提出を求められることがあります。 ...

続きを見る

地震保険料も安くなる

省令準耐火構造の場合、火災保険だけでなく地震保険も安くなります。地震保険の場合、火災保険でM構造・T構造の場合はイ構造、H構造の場合はロ構造に区分され、イ構造のほうがロ構造よりも保険料が安くなるのです。

保険金額1000万円あたり、保険期間1年、割引適用なしの地震保険料(2019年1月1日以降始期)は以下の通りです。

都道府県 イ構造 ロ構造
岩手、秋田、山形、栃木、群馬、富山、石川、福井、長野、滋賀、鳥取、島根、岡山、広島、山口、福岡、佐賀、長崎、熊本、鹿児島 7,100 11,600
北海道、青森、新潟、岐阜、京都、兵庫、奈良 7,800 13,500
福島 8,500 17,000
宮城、山梨、香川、大分、宮崎、沖縄 10,700 19,700
愛媛 12,000 22,400
大阪 12,600 22,400
愛知、三重、和歌山 14,400 24,700
茨城 15,500 32,000
埼玉 17,800 32,000
徳島、高知 15,500 36,500
千葉、東京、神奈川、静岡 25,000 38,900

※2021年1月に保険料の改定が予定されています。ただし、イ構造のほうが安いというのは変わりません。

値上げ
地震保険料が値上げへ!基本料率が平均5.1%引き上げに
損害保険料率算出機構は2019年5月28日付で、金融庁長官に地震保険基準料率を変更する届出を行いました。届出通り審査が通れば、割引等を適用する前の基本料率につい ...

続きを見る

地震・噴火およびそれらによる津波を原因とした損害については火災保険では補償されず、地震保険の契約が必要となります。日本は地震大国であり、どこで巨大な地震が起きても不思議ではありません。地震等による損害にも備えたいのであれば火災保険と一緒に地震保険の加入も考えましょう。

まとめ

木造住宅で在来工法で建築するよりもツーバイフォー工法で建築するほうが火災保険料が安くなるというのはおおむね正しいです。ただし、ツーバイフォー工法でも省令準耐火構造の仕様に沿っていなければ保険料は高く、在来工法でも省令準耐火構造の仕様に沿っていれば保険料は安くなります。また、省令準耐火構造であれば地震保険も安くなります。地震等による損害は火災保険だけでは補償されないので、地震にも備えたいという場合は地震保険についても検討しましょう。

  • この記事を書いた人
アバター

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。公正かつ中立的な立場で火災保険に関する様々なお役立ち情報を提供します。

-火災保険料を安くするには

\火災保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.