火災保険の基礎知識

住宅ローンを借り換えるとき、火災保険はどうなる?

投稿日:

ローンの金利水準や残りの返済期間によっては手数料を支払っても住宅ローンを借り換えた方が負担が小さくなることがあります。住宅ローン金利が記録的低水準となっている中、借り換えを考えている人もいるのではないでしょうか。

住宅ローンを借りるときには火災保険の契約を求められることが多いです。それでは、住宅ローンを借りる際に契約した火災保険は、住宅ローンの借り換えを行ったらどうなるのでしょうか。

住宅ローンと火災保険の契約は別

住宅ローンの契約と火災保険の契約は別です。そのため、住宅ローンを借り換えてもそのまま今の火災保険の契約を続けても大丈夫ですし、借り換えを一つのきっかけとして別の火災保険に乗り換えても大丈夫です。住宅ローンを借りた金融機関で勧められた火災保険に入っているという人も多くいるかと思いますが、そうした場合でもそのまま同じ火災保険に入り続けることもできます。

解約時には未経過分の保険料が返ってくる

火災保険を乗り換える場合、現在加入している火災保険は解約することになります。火災保険は長期契約することも多いですが、契約期間の途中で解約することとなっても未経過期間分の保険料は解約時に戻ってきます。そのため、契約期間の途中だからといって乗り換えをしり込みする必要はありません。

注意点として、火災保険の解約は自分から連絡する必要があります。契約している保険会社が気を利かせて解約の連絡してくれるということはありません。解約が遅れるほど返ってくる保険料も減っていくので、新しい火災保険の補償開始と合わせて忘れずにそれまで入っていた火災保険の解約をするようにしましょう。

途中解約
火災保険を途中で解約したら支払った保険料はどうなる?
火災保険は保険料を安くするために長期契約している人も多いかと思います。しかし、引っ越しをすることになったなどで火災保険を解約する必要が生じる場合もあります。その ...

続きを見る

質権設定されている場合は?

最近は減っていますが、以前は住宅ローンを借りる条件として火災保険に質権設定することを求められることがよくありました。質権設定という言葉はあまり聞き馴染みがないかと思いますが、火災保険の保険金を請求する権利を質入れすると考えてください。仮に火災で建物が全焼したとしても、ローンを貸している金融機関が優先して火災保険の保険金を受け取ることができ、住宅ローンの貸付金を回収することができます。

質権設定
火災保険の「質権設定」って何?
最近は少なくなってきましたが、住宅ローンを借りて物件を購入する場合、ローンを借りる金融機関から火災保険に質権設定をすることを求められることがあります。しかし、質 ...

続きを見る

住宅ローンの借り換えで質権者である元の金融機関にローンを返し終えたら、その金融機関から保険証券と質権消滅承認請求書が送られてきます。これをもとに保険会社に連絡して質権消滅の手続きを行いましょう。質権設定がされている間は、ちょっとした保険金の請求にも質権者である金融機関への連絡が必要となります。また、補償内容の変更、解約などにも金融機関の同意が必要となります。ローンの返済後は早めに質権消滅の手続きを行うようにしましょう。

火災保険を見直す場合のポイント

住宅ローンの借り換え後に火災保険を見直す場合のポイントを紹介します。以下の見直しポイントをもとに、補償内容・保険料ともに納得のいく契約となるようにしましょう。

新価か時価か

火災保険の保険価額には「新価」と「時価」という二つの考え方があります。新価は再調達価額とも呼ばれ、保険の対象となる建物(あるいは家財)と同等のものを新たに建築あるいは購入するのに必要な金額です。対して時価は現在の価値で新価から経過年数による価値の減少と使用による消耗分を差し引いた金額です。

火災保険の契約が時価による契約となっている場合、火災や自然災害で建物が全損してしまったときに建て直しに十分な保険金を受け取れない可能性があります。例えば、同等の建物を建て直すのに3000万円必要であったとしても、建築してから年数が経っていて時価額が2000万円の場合、保険金として支払われるのは最大で2000万円となります。これでは同等の建物を建て直すには不足してしまいます。新価での契約の場合は全損時には建て直しに必要な3000万円が支払われます。

昔に契約した火災保険は時価での契約となっていることが多くあります。時価での契約となっている場合は万が一のときに十分な保険金を受け取れるように新価での契約に見直しましょう。

補償内容に過不足はないか

火災保険は単に火災のときの補償だけでなく、自然災害や日常のトラブルなどさまざまな損害への補償がセットとなっています。補償が手厚くなるほど保険料も高くなるので、補償内容を見直して明らかに必要がない補償があるのであれば、それを外すことによって保険料を安くすることができます。

逆に、自治体が公表するハザードマップなどを確認して必要と思われる補償が付いていなかったという場合は被害に遭う前に補償を追加しておきましょう。河川から離れていても土地の高低などによって水災補償が必要となることもあります。被災後に保険が使えずに再建費用が重くのしかかるということがないよう、補償内容に不足がないか見直すようにしましょう。

地震保険に契約しているか

地震や噴火、それらによる津波によって損害を受けたとき、火災保険の契約だけでは補償を受けることができません。地震保険の契約が必要となります。地震保険は単独では加入できず、火災保険とセットで加入する必要があります。現在地震保険を契約しておらず、地震等に対する備えが必要な場合や生活再建のための貯蓄が十分にない場合などは火災保険の補償内容の見直しとともに地震保険への加入も検討しましょう。

住宅ローンの借り換えは火災保険見直しの良い機会

火災保険は長期の契約をすることも多く、長い間補償内容を見直していない、どのような補償内容で契約しているのか忘れてしまったという人も多くいるのではないでしょうか。自然災害による被害が火災保険で補償されることを知らずに保険金を請求しなかった、現在の契約内容では被災後の生活の再建に足りなかったというようなことがないように、住宅ローンの借り換えを一つのきっかけとして火災保険の補償内容を見直してみるとよいでしょう。

火災保険を乗り換えるという場合には一括見積もりサービスを利用することをおすすめします。建物の情報や必要な補償内容の情報などを入力することで一度に複数の保険会社の見積もりを取ることができます。いちいち個別に見積もりを請求する必要がなく手間が省けます。各社の見積もり結果を比較して、より自分の住宅にあった火災保険を探しましょう。

-火災保険の基礎知識

\火災保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.