火災保険の基礎知識

火災保険はパソコンも補償対象となる?

投稿日:2020年12月24日 更新日:

誤ってコーヒーをこぼしてパソコンを壊してしまった、子供に物を投げつけられてパソコンが壊れてしまった、落雷による過電流でパソコンが壊れてしまったというように、パソコンが壊れてしまう、誤って壊してしまうこともあり得ます。こうした場合、火災保険で修理費用や再購入費用を補償してもらえるのでしょうか。

原因や契約内容により補償される場合も

パソコンが壊れてしまったという場合、壊れた原因や契約内容により火災保険の補償対象となる可能性があります。まず前提として、火災保険において家財を保険の対象としている必要があります。建物のみを保険の対象としていた場合は補償対象とはなりません。

家財を保険の対象としていたとして、どのような契約があれば火災保険の補償を受けられる可能性があるのか、原因ごとに紹介します。

うっかりコーヒーをこぼした、子供に物を投げつけられた

うっかりコーヒーをこぼしてしまった、子供に物を投げつけられてしまったというように、事前に予期できない突発的な出来事でパソコンが壊れてしまったという場合、「不測かつ突発的な事故(破損・汚損など)」を補償内容に含んでいれば補償を受けられる可能性があります。この補償ではパソコン以外でも子供がテレビに物を投げつけて壊してしまったという場合や模様替え中に壁に家具をぶつけて穴をあけてしまった(家財ではなく建物での補償)という場合でも補償を受けられる可能性があります。

「破損・汚損など」の注意点としては、1万円などいくらかの免責金額(自己負担額)が設定されていることが多いということです。他の補償内容では免責金額を0円にできても破損・汚損などでは免責金額を0円にすることはできないということもあります。補償対象となってもいくらかは自己負担しなければならない可能性が高いということは理解しておきましょう。

ディスプレイの破損
火災保険の不測かつ突発的な事故(破損・汚損など)はどんな場合に補償される?

続きを見る

落雷

落雷が原因でパソコンが壊れてしまったという場合は落雷補償で補償を受けられる可能性があります。落雷補償は火災や破裂・爆発などと同じく火災保険の基本補償であり、契約内容に含まれていないということは少ないと思います。

落雷被害で保険金を請求するときに必要なものは、各保険会社指定の保険金請求書、被害の程度がわかる写真や画像データ、修理業者からの見積書や報告書などです。保険会社から落雷の事実がわかる証明書を求められた場合は、公的な書類は存在しないので、気象庁や気象台の観測情報、電力会社等の公式サイト上で提供されている落雷情報、新聞記事などを提出するとよいでしょう。

落雷
落雷による被害は火災保険で補償される?

続きを見る

上階からの漏水で水浸しに

マンションの上階からの水漏れでパソコンが水浸しになって壊れてしまったというような場合では水濡れ補償で補償を受けられる可能性があります。水と関係ありますが水災補償ではなく水濡れ補償です。水災補償は台風や豪雨などによる洪水や高潮、土砂災害などで損害を受けたときのための補償です。

水濡れ被害
火災保険の水濡れ補償はどんな場合に使える?

続きを見る

データやソフトウェアの損壊などは対象外

パソコンの故障により重要なデータやソフトウェアが壊れてしまったという場合はその損害についても補償してもらいたいところですが、火災保険では補償対象外となっています。火災保険で補償対象となるのはパソコン自体の修理費用や再購入費用です。保存していたデータの消失などによる損害は補償対象外なので、重要なデータについてはバックアップを取るようにしておきましょう。

ノートパソコンは対象外となることも

保険会社によってはデスクトップ型のパソコンの場合は補償の対象となってもノートパソコンは補償対象外となる場合もあります。利用しているのがノートパソコンの場合は保険会社に補償の対象となるのか事前に確認しておくとよいでしょう。

また、最近はスマホをパソコン以上に使用している人も多いと思いますが、スマホは火災保険では補償対象外となっています。スマホやタブレットについては、少額短期保険会社からスマホ・タブレット・他ウェアラブル端末に対する保険が販売されているので、補償が欲しい場合は携帯キャリアなどの補償を含めて検討してみるとよいでしょう。

まとめ

パソコンが壊れてしまったという場合、火災保険の補償対象となる可能性があります。補償されるか否かは壊れた原因と火災保険の契約内容によりますので、詳細については契約している保険会社にご確認ください。なお、経年劣化による故障や故意による故障は火災保険の補償対象外なのでご注意ください。


堀田健太

著者情報

堀田 健太
東京大学経済学部金融学科を卒業後、2015年にSBIホールディングス株式会社に入社、インズウェブ事業部に配属。以後、一貫して保険に関する業務にかかわる。年間で100本近くの保険に関するコンテンツを制作中。

自動車保険も安くしませんか?
一番安い自動車保険を探す方はこちら!

自動車保険は比較で安くなる!
  • この記事を書いた人

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険のみならず火災保険に関する様々なお役立ち情報も提供しています。

-火災保険の基礎知識

\火災保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.