火災保険の基礎知識

エコキュートが故障した!火災保険で修理できる?

投稿日:

エコキュートとは、オール電化住宅で広く活用されているヒートポンプ技術を利用し空気の熱でお湯を沸かすことができる電気給湯器の総称です。単体の価格相場はタンクの大きさやメーカーによってさまざまです。安いもので20万円前後から高いもので100万円程度するものまであります。そのような高額なエコキュートが故障してしまった場合は火災保険で修理や買い替えを行う事はできるのでしょうか。

エコキュートは火災保険で補償できる?

エコキュートが壊れてしまったら、火災保険の契約内容と故障原因によっては火災保険で補償を受ける事ができる場合があります。エコキュートは屋外に設置されている貯湯式タンクの機器になるため落雷や水害などの自然災害の被害を受けて故障してしまうリスクが心配です。また、外で遊んでいた子供のボールがあたって壊れてしまった等のケースも考えられるでしょう。それでは、火災保険でエコキュートを修理できる場合について押さえておきましょう。

エコキュートは建物の契約で補償

エコキュートは基本的に火災保険の「建物」の契約で補償対象となります。エコキュートは建物に付属した電気的設備で屋外に取り外しができないように設置されています。自然災害による損害で火災保険で修理を行いたい時は、災害の内容に応じて、その補償の契約がある事が必要になります。近年増えている水害による被害は火災保険の水災補償の契約がなければ被害を受けても補償外となってしまうので注意しましょう。また、エコキュートは「建物」の扱いですが、補償については保険会社によって扱いが異なる場合があるようですので保険会社に確認しておきましょう。

火災保険が使える事例

  • 火災でエコキュート損害があった(火災)
  • 落雷による過電流でエコキュートが故障した(落雷
  • 台風の強風でエコキュートが倒れて故障した(風災
  • 台風による強風で瓦が飛んできてエコキュートに当たって故障した(風災
  • 屋根からの落雪でエコキュートがつぶれた(雪災
  • 雹(ひょう)によってエコキュートが破損した(雹災
  • 洪水や高潮でエコキュートが水につかり故障した(水災
  • エコキュートが盗まれた(盗難
  • 車が家に衝突してエコキュートが故障した(物体の落下・飛来・衝突
  • 子どもがボールで遊んでいてエコキュートにぶつけた(破損・汚損など

電気的・機械的事故の場合

火災保険には「電気的・機械的事故担保特約」という特約がある保険会社があります。「電気的・機械的事故担保特約」は、建物に固定されていて簡単に取り外しができない設備が対象で、建物が対象の特約です。エコキュートは、建物に固定されている機器になりますので、漏電やショートが原因で故障した場合には「電気的・機械的事故担保特約」で修理できる場合があります。

エコキュートの耐久年数は一般的に10年から15年と言われていますが、エコキュートが普及してからまだ年数は浅く10年程度となります。そのため、正確なデータがそろっておらず、こういったエコキュートの故障事例はあまり報告されていないようです。「電気的・機械的事故担保特約」は、設置してから10年以内の設備の故障に限定される事が多いなど条件が付くことがある特約です。しかし、エコキュートは高額な設備になりますし100%故障しないという保証はないので、「電気的・機械的事故担保特約」の契約があると安心かもしれません。ただし、「電気的・機械的事故担保特約」が火災保険の契約に自動セットとなっていない場合は、エコキュートの耐久性などを考慮し保険会社や代理店の担当者と相談して契約を検討するとよいでしょう。

水害による補償について

基本的に、火災保険の水災補償の支払基準は下記となっており基準に満たないと補償を受ける事は出来ません。

注意ポイント

水災補償の支払基準

  • 建物(家財)の保険価額に対して30%以上の損害を受けた場合
  • 「床上浸水」または「地盤面から45cmを超える浸水」によって損害が生じた場合

近年、台風や豪雨による河川の氾濫、道路の冠水被害などにより住宅の機械設備が被害にあるケースが増えてきています。そのような状況の中で、水災による損害の程度に関わらず特定の機械設備を補償する特約がある保険会社も出てきています。オール電化住宅の普及などによる住宅事情の変化から電気的設備が多く備わっている住宅が増えています。電気的設備が多い住宅に住んでいる場合は確認しておくとよいでしょう。

地震が理由による転倒などでの補償について

地震が原因でエコキュートが転倒し故障した場合は、火災保険では補償対象外です。そもそも、地震による損害に備えるには地震保険の契約が必要になります。しかし、地震保険の建物の契約があっても補償を受けられない場合が多いと考えておきましょう。なぜなら、地震保険は損害状況に応じて全損・大半損・小半損・一部損の判定を受け、損害の程度に対応する割合の保険金の支払いになるからです。そのため、地震が起きたことによってエコキュートが転倒し破損した、などの理由だけでは補償を受けられないでしょう。

火災保険で経年劣化による故障は補償対象外

火災保険は、「不測かつ突発的な事故」が原因であることが補償の条件です。そのため、経年劣化による故障は火災保険の補償の対象外となるので注意しましょう。エコキュートは毎日使用する電気機器になるので、定期的なメンテナンスをしっかり行っておきましょう。

エコキュートのような高額な機器は、購入してからのメーカー保証期間を確認しておくとよいでしょう。メーカー保証期間に加え、保険料を支払い「延長保証制度」に申し込むことによってメーカーでの保証を受けられる場合があります。

エコキュートが故障した場合の補償額

エコキュートが自然災害などの被害に遭い故障した場合の火災保険での保険金は【損害額 - 免責金額(自己負担額) = 損害保険金】です。損害の程度に関わらず特定の機械設備を補償する特約などの契約が無い限り免責金額の設定があれば、損害額から免責金額を差し引いた金額が支払われます。

免責金額の設定に注意しよう

免責金額の設定をしている場合は注意しましょう。免責方式の契約であれば、免責金額を上回る損害額を保険金として受け取る事が出来ます。もし、一昔前のフランチャイズ方式の契約なのであれば、20万円未満の修理費用であれば保険金を受け取る事ができません。20万円以上の損害であれば損害額を全額支払われる方式の契約です。

また、エコキュートは普及して10年程度の設備です。リフォームなどによりオール電化に改築しエコキュートを設置している場合は注意しましょう。現在では、火災保険の契約期間は長期契約で10年までですが、数年前までは住宅ローンの返済期間に合わせ36年の長期契約が可能でした。そのため長期契約で古い火災保険のままだと火災保険の補償範囲が現在の住宅事情にあっていない可能性があります。火災保険契約の契約期間が36年などの長期契約で免責金額を設けている場合にはフランチャイズ契約になっている場合が考えられるので確認しましょう。

通知義務について

基本的に住宅の増改築をおこなった場合は契約している火災保険の保険会社に増改築を行った事を通知しなければいけません。増改築によって建物の構造や面積が変わることによって火災保険契約の内容や保険料が変わります。例えば、築20年の住宅をオール電化にリフォームしエコキュートを導入した場合には、保険会社や代理店に連絡し、火災保険の見直しを行いましょう。

火災保険の補償内容を確認しておこう

エコキュートが「不測かつ突発的な事故」によって故障した場合、火災保険の建物の契約があれば補償を受ける事が出来ますが、それぞれの故障の原因にも注意しましょう。もし、盗難にあってしまい補償を受けたい場合には「建物」の「盗難」の契約が必要になります。

また、エコキュートは比較的新しい住宅用の電気的設備のため、保険会社によって補償の対象となるかどうかの判断が違う場合があります。しっかりと契約している火災保険の契約内容を確認し、エコキュートが補償の対象となるかを確認しておくとよいでしょう。不安な場合は保険会社や代理店に相談してみるとよいでしょう。

-火災保険の基礎知識

\火災保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.