火災保険の基礎知識

自然災害による自宅への損害には火災保険で備えよう!

投稿日:

日本が自然災害被害を受けやすい理由は、日本の位置や地形、地質、気象などの自然条件から台風、豪雨、豪雪、洪水、土砂災害、地震、津波、火山噴火などの災害が発生しやすい国土となっているためです。世界各地で異常気象による災害が相次いでいますが、日本においても「これまで経験したことないような」集中豪雨の発生など、自然災害が発生しやすい国土であることに加え、異常気象による災害の被害の拡大化も心配しなければいけません。

例年、梅雨から秋にかけては、台風や、豪雨などの風水害が多く発生する季節となっています。異常気象の影響で「猛烈な雨」の発生回数も年々増加しています。いつ、どこで起こるか分からない災害には事前に情報を確認し対策をする事が大切ですが、受けてしまうかもしれない住宅の被害には火災保険で備えられることを知っておきましょう。

火災保険の自然災害の補償

火災保険は火災の損害に対して備えるだけの保険ではありません。マイホームを守るために住宅に関わるさまざまな損害リスクに備える保険です。台風は強風と大雨の印象が強いですが、雷による損害も心配です。大雨が長く続けば洪水による被害の危険性も大きくなります。自然災害では竜巻や突風などの台風以外の被害のリスクもあります。それぞれの損害に対してどのような補償で損害リスクをカバーできるのか確認しておくとよいでしょう。

自然災害に備える「風災・雹災・雪災補償」とは?

台風や竜巻、突風などの強風で屋根瓦が飛んでしまった、飛来物で窓ガラスが割れてしまった、竜巻による被害で建物が倒壊してしまった等は、火災保険の風災補償で補償を受ける事ができます。

雹災は、雹またはあられにより生じた損害のことをいいます。雹によって窓ガラスが割れたり、強く叩きつけるように降った雹の影響で屋根に損害を受けてしまった場合など雹災補償で補償を受ける事が出来ます。

雪災補償は、豪雪の雪の重みや降り積もった雪の落下などによる損害に対して補償を受ける事が出来ます。

自然災害に備える「水災補償」とは?

台風やゲリラ豪雨、大雨による洪水などが原因で床上浸水の被害を受けた場合などには、火災保険の水災補償で補償を受ける事ができます。火災保険の基本契約で「住宅火災保険」と「住宅総合保険」がありますが、水災補償は「住宅火災保険」の契約では、補償外となっています。台風は雨風がセットの自然災害のため、台風に備える場合には注意しましょう。また、近年、集中豪雨による被害なども増えています。水害による被害に備えて、契約している火災保険に水災補償があるかどうかを確認しておきましょう。

自然災害に備える「落雷補償」とは?

雷が落ちる事を「落雷」と言い、雷が鳴っている時には雨が降る事が多くあります。日本で2005年~2017年の間で落雷害は、1,540件発生しており、8月に最も集中しています(気象庁_落雷害の月別件数)。落雷によって屋根に穴が空いてしまった、落雷による急激な電圧の変化が原因で過電流が流れて電化製品が故障してしまったという場合に落雷補償で補償を受ける事ができます。

台風
火災保険で台風の被害も補償される?補償範囲を要確認
日本は毎年いくつかの台風が襲来し、時には大きな被害をもたらします。もし、自分の住居が台風による被害を受けてしまったとしても火災保険によって補償を受けることができ ...

続きを見る

風災
火災保険の風災・雹(ひょう)災・雪災補償とは?
火災保険は火災の時のためだけの保険ではありません。自然災害などで建物・家財に損害を負った場合にも補償を受けることができます。そのなかでも、風災・雹災・雪災補償に ...

続きを見る

補償の範囲や免責設定に注意しよう!

台風による強風と大雨の被害で屋根が飛ばされたり、道路の冠水などで床上浸水となり家具や家電が水にぬれて損害を受けてしまった場合、風災補償や水災補償の契約があれば補償を受ける事が出来ます。しかし、火災保険は「建物 + 家財」「建物のみ」「家財のみ」と補償範囲を決めて契約を行います。例えば、風災補償と水災補償の契約があっても、「建物のみ」の契約であれば、家具や家電が損害を受けても補償を受ける事ができません。火災保険は補償内容と補償範囲をしっかり確認し契約する事が大切です。また、定期的に火災保険の内容を見直し、補償の備えが万全か確認しましょう。

また、一昔前の火災保険の風災補償はフランチャイズ方式での契約が一般的で、20万円以上の損害でないと保険金が支払われませんでした。免責方式(エクセス方式)で免責金額を設定している場合も損害額に対して免責金額を差し引いた保険金の支払いとなります。いくらから補償が受けられる契約になっているのか、しっかり把握しておきましょう。

免責金額
火災保険の免責金額って何?いくらで設定する?
火災保険の契約の際、免責金額を自分で選んで設定する必要がある場合があります。しかし、「免責金額」という言葉は日常生活で使うことはほぼなく、免責金額とはいったい何 ...

続きを見る

地震の被害には「地震保険」の契約が必要です!

日本は地震大国で、いつ起こるか分からない地震に対しても備えておく事は大切です。甚大な被害をもたらす規模の地震もたびたび起こっており、東日本大震災以降、私たちの地震に対する防災意識も確実に高まっています。地震も自然災害の1つとなりますが、地震による損害は火災保険では補償外となっています。地震・噴火・津波を起因とする火災・損壊・埋没・流出による損害が火災保険では補償されません。それらによる被害には火災保険とセットで契約する地震保険に契約し、地震の際の損害に備える必要があります。いつ起こるか分からない、自分の住む地域に甚大な被害をもたらす地震が来るかもしれない事を想定し準備しておく事は重要です。火災保険の契約だけでは地震の損害には備えられない事と地震保険の補償内容をしっかり理解し検討するようにしましょう。

地震
地震保険の基礎知識
日本は地震大国であり、甚大な被害をもたらす規模の地震もたびたび起こっています。しかし、地震で受けた被害については火災保険のみでは補償を受けることができません。火 ...

続きを見る

自動車は「家財」に含まれません。

台風や集中豪雨による道路の冠水や洪水などにより車が流されている映像を見たことがある方もいるのではないでしょうか。大雨による土砂崩れにより車が埋まってしまい全損してしまったりと、自然災害は自動車にも被害をもたらすことがあります。自動車は家財の一部と思われる方もいるかもしれませんが、自動車は火災保険の家財の契約があっても補償対象外です。自動車は自動車保険での補償となりますので、自動車保険の補償内容を確認しましょう。

まとめ

火災保険は火災だけではなく、「住まいを守る」ための保険として多くの自然災害の被害に備える事ができます。それぞれの補償内容を確認し、必要な補償かどうかを判断しましょう。自然災害の中でも地震に対する損害は火災保険の補償対象外です。地震・噴火・津波を起因とする火災・損壊・埋没・流出による損害全て火災保険では備える事ができません。地震に備えるためには火災保険とセットで契約する地震保険の契約を検討しましょう。長期契約で契約する事の多い火災保険は必要な補償内容もライフスタイルの変化によって変わってくる場合があります。定期的に見直しを行い突然の災害に備えるようにしましょう。

-火災保険の基礎知識

\火災保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.