地震保険の基礎知識

地震保険料を安くするカギは耐震等級にあり!

投稿日:

地震による損害は火災保険では補償されず、地震保険に加入している必要があります。地震大国である日本ではできれば地震保険に加入しておきたいですが、追加でかかる保険料はできる限り安くしておきたいですよね。実は、耐震等級が高いと地震保険の保険料が割引されるのです。

そもそも耐震等級とは?

耐震等級とは、地震による倒壊・崩壊に対する強さを表しており、耐震等級が高いほど地震に対して強くなります。耐震等級は1~3の3段階に分かれていて、それぞれ以下の基準となっています。

耐震等級 基準
耐震等級 1

建築基準法による規定と同程度

  • 数百年に一度発生する地震の地震力に対して倒壊、崩壊しない程度。
  • 数十年に一度発生する地震の地震力に対して損傷しない程度。

※数百年に一度発生する地震とは、阪神淡路大震災程度の地震を指します。

耐震等級 2 耐震等級1で想定する1.25倍の地震力に対抗できる
耐震等級 3 耐震等級1で想定する1.5倍の地震力に対抗できる

耐震等級が高いほど地震保険が割引される

地震保険は他の保険と同じように保険金を支払う可能性や支払う額が低くなるほど保険料や安くなります。耐震等級が高ければ地震による損害を受けにくいので、地震保険には耐震等級割引が用意されています。

耐震等級割引

適用条件

住宅の品質確保の促進等に関する法律(以下、品確法)に基づく耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)を有している場合、または、国土交通省の定める「耐震診断による耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)の評価指針」に基づく耐震等級を有している場合

割引率

耐震等級 割引率
耐震等級1 10%
耐震等級2 30%
耐震等級3 50%

割引適用に必要な書類

耐震等級割引の適用を受けるには、以下のような確認書類が必要です。「耐震等級3相当」を謳う建物でも確認書類が用意できなければ50%の割引は受けることができません。

  • 品確法に基づく登録住宅性能評価機関により作成された書類のうち、対象建物の耐震等級を証明した書類※1
  • 独立行政法人住宅金融支援機構が定める技術基準に適合していることを示す適合証明書
  • ①「認定通知書」など長期優良住宅の普及の促進に関する法律に基づく認定書類および②「設計内容説明書」など耐震等級を確認できる書類

※1 例えば、以下のような書類が対象となります。

  • 品確法に基づく建設住宅性能評価書または設計住宅性能評価書
  • 耐震性能証明書
  • 独立行政法人住宅金融支援機構が定める技術基準に適合していることを示す「現金取得者向け新築対象住宅証明書」
  • 長期優良住宅の認定申請の際に使用する品確法に基づく登録住宅性能評価機関が作成した「技術的審査適合証」
  • 住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置を受けるために必要な「住宅性能証明書」
  • 品確法に基づく登録住宅性能評価機関が、マンション等の区分所有建物の共用部分全体を評価した場合に作成する「共用部分検査・評価シート」等の名称の証明書類

他の地震保険の割引制度

地震保険には耐震等級割引以外の割引制度も用意されています。耐震等級割引も含めて4種類あり、条件に当てはまる割引制度のうち最も割引率が高いものが適用されます。

地震保険にある割引制度は以下の4つです。

  • 免震建築物割引(割引率:50%)
  • 耐震等級割引(割引率:等級1 10%、等級2 30%、等級3 50%)
  • 耐震診断割引(割引率:10%)
  • 建築年割引(割引率:10%)

それぞれの適用条件、確認書類については以下の記事をご確認ください。

割引
地震保険料を安くするなら割引制度と保険期間を確認しよう
地震に対する備えのために地震保険にも加入したいけど、保険料が気になるという方は地震保険の割引制度と保険期間を確認しましょう。割引の適用には確認資料が必要なので、 ...

続きを見る

ちなみに、建築年割引の適用条件は昭和56年6月1日以降に新築された建物であることなので、新築で住宅を建てる場合は基本的に10%の割引は受けられます。

火災保険も安くしよう

地震保険は政府と民間の保険会社が共同で運営している保険で、保険会社ごとに補償内容や保険料の差はありません。割引制度や長期契約による割引はありますが、さらに保険料を安くするにはセットで契約する火災保険の方に目を向けましょう。

火災保険は地震保険と同じように保険会社が提供する割引制度を利用したり長期契約にしたりすることで保険料を安くすることができます。

割引
火災保険の割引制度
火災保険や地震保険には保険料を安くすることができる割引制度があります。地震保険は各社共通ですが、火災保険によってはどの割引制度を採用しているのか、また、どの程度 ...

続きを見る

10年
火災保険の保険期間は最長10年!長期の方がお得?
火災保険の保険期間(契約期間)は最長10年です。火災保険は1年契約で毎年更新していく場合と10年契約する場合とではどちらがお得になるのでしょうか?1年契約と長期 ...

続きを見る

また、地震保険と違い補償内容や保険料が保険会社によって異なります。不必要な補償内容を省ける保険会社を探したり、同じ補償内容でも保険料が安い保険会社を探したりすることで地震保険と合わせた保険料を安くすることができます。

保険料が安い保険会社を探すには火災保険の一括見積もりサービスが便利です。一度の情報の入力で複数の保険会社から見積もりを取ることができます。利用は無料なので、ぜひ一度ご利用ください。

火災保険は比較で安くなる!
火災保険は比較で安くなる!

-地震保険の基礎知識

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.