火災保険の基礎知識

火災保険でウッドデッキも補償対象になる?

投稿日:

台風でウッドデッキが壊れてしまった、屋根からの落雪でウッドデッキが壊れてしまったなど、自然災害等でウッドデッキが壊れてしまうこともあります。そうした場合、火災保険で補償は受けられるのでしょうか。補償を受けられるケースや逆に受けられないケースについて説明します。

補償を受けられる事例

ウッドデッキが自然災害などで損害を受けた場合、火災保険で補償を受けられる可能性があります。火災保険は「火災」保険という名前ですが、風災や水災などの自然災害でも補償を受けられるのです。自分が契約している火災保険の補償内容に含まれる被害で免責事項などに当たらない場合は補償を受けられます。

例えば、以下のような場合で火災保険の補償を受けることができます。ただし、契約内容や個別事情によって補償対象外となることもあるので、詳細については契約している保険会社にご確認ください。

  • 台風による強風でウッドデッキが壊れた(風災
  • 強風で飛んできた瓦がウッドデッキに当たって壊れた(風災
  • ウッドデッキが雪の重みで壊れた(雪災
  • 雹が降ってきてウッドデッキに当たって壊れた(雹災
  • 大雨で床上浸水の被害を受け、ウッドデッキにも損害が発生した(水災
  • 外から車が突っ込んできてウッドデッキに被害を受けた(建物外部からの物体の落下・飛来・衝突
    ※相手から賠償を受け取っていない場合

補償を受けられない事例

ウッドデッキへの被害はどのような場合でも補償を受けられるということはなく、補償対象外となるような事例もあります。どのような場合に補償を受けられないのか、代表的なものについて紹介します。

契約内容に含まれていない場合

契約内容に含まれていない被害を受けた場合は火災保険で補償を受けることはできません。最近の火災保険は補償内容をある程度自由にカスタマイズできますが、例えば風災補償を外していた場合は、強風による被害を受けてももちろん補償は受けられません。

経年劣化の場合

経年劣化による損害の場合、火災保険では補償対象外となります。ウッドデッキは野ざらしで長い年月が経つうちに劣化していってしまいますが、それによって壊れてしまっても補償は受けられません。

免責金額以下の損害の場合

免責金額というのは簡単に言えば自己負担しなければならない金額です。免責金額の設定がある場合で損害額が免責金額以下の場合には保険金を受け取ることができません。

火災保険の免責金額にはフランチャイズ方式と免責方式(エクセス方式)という2つの方式があります。フランチャイズ方式の場合、多くは20万円で設定されていて、損害額が20万円未満の場合には保険金が支払われず、20万円以上の場合は損害額の分の保険金が支払われます。もう一方の免責方式の場合、5万円などの自己負担額を決めて、損害額がいくらでも損害額から自己負担額が引いた額が保険金として支払われます。

具体例で説明します。フランチャイズ方式で免責20万円と免責方式で免責5万円の設定の場合、支払われる保険金と自己負担額は以下のようになります。

損害額 フランチャイズ方式 免責方式
損害額3万円 保険金:0円
自己負担:3万円
保険金:0円
自己負担:3万円
損害額15万円 保険金:0円
自己負担:15万円
保険金:10万円
自己負担:5万円
損害額30万円 保険金:30万円
自己負担:0円
保険金:25万円
自己負担:5万円
免責金額
火災保険の免責金額って何?いくらで設定する?
火災保険の契約の際、免責金額を自分で選んで設定する必要がある場合があります。しかし、「免責金額」という言葉は日常生活で使うことはほぼなく、免責金額とはいったい何 ...

続きを見る

シロアリによる被害

火災保険ではシロアリによる被害は補償対象外となります。また、シロアリ以外にもタヌキやネズミなどの害獣による被害も補償対象外です。ウッドデッキを設置する場合はシロアリ対策をしっかりと行うようにしましょう。

施工不良の場合

施工不良によって起こった損害は火災保険の補償対象とはなりません。業者に依頼して設置してもらい、施工不良によって損害を受けた場合は施工業者に対して損害賠償請求を行うことになるでしょう。

外観上の傷にすぎない場合

ペットが爪でひっかいた、机やいすを擦ったなどでできたひっかき傷、擦り傷などの外観上の傷で、ウッドデッキの機能に支障をきたさない場合は火災保険の補償対象外です。

火災保険の請求方法

ウッドデッキが火災保険の対象となる損害を受けた場合、どのように保険金の請求を行うのか流れを説明します。

step
1
保険会社に連絡

まず、契約する保険会社に損害を受けたことを連絡してください。契約者氏名、保険証券番号、事故内容、被害状況などを伝えることとなります。

step
2
保険会社から必要書類等が送られてくる

保険会社に連絡すると、保険金の請求に必要な書類や案内が送られてきます。内容をしっかりと確認するようにしましょう。

step
3
保険会社に必要書類の提出

保険会社からの案内に従って必要な書類を用意して保険会社に書類を提出しましょう。保険会社指定の保険金請求書、修理費用の見積書、被害の状況がわかる写真などが必要となります。

写真撮影
火災保険の保険金請求には写真が必要!どのように撮ればいい?
自宅が火災や自然災害の被害にあってしまった場合、火災保険に加入していれば保険金を請求して修理費用や再購入費用などに充てることができます。その火災保険の請求の際に ...

続きを見る

step
4
保険会社による鑑定人の調査

鑑定人が被害状況の確認・調査を行います。調査結果と契約者からの申請書類などをもとに保険金の支払対象か審査を行い、支払われる保険金の金額が確定します。

step
5
保険金の入金

保険金の金額が確定したら、契約者指定の口座に保険金が支払われます。

まとめ

自然災害などの被害でウッドデッキが壊れてしまった場合、火災保険で補償を受けられる可能性があります。しかし、経年劣化の場合やシロアリによる被害の場合、免責金額以下の損害の場合など補償を受けられないケースもあります。ウッドデッキに被害を受けた場合は契約している保険会社に確認してみましょう。

  • この記事を書いた人
アバター

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。公正かつ中立的な立場で火災保険に関する様々なお役立ち情報を提供します。

-火災保険の基礎知識

\火災保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.