火災保険の選び方

火災保険も乗り換えはできる!見直しのポイントは?

投稿日:

火災保険は住宅ローンを借りた金融機関やハウスメーカーでおすすめされたものにそのまま加入している人も多いのではないでしょうか。しかし、おすすめされた火災保険に加入し続けなければならないということはありません。火災保険を乗り換える際のポイントを紹介します。

火災保険も乗り換えは可能

火災保険は長期契約が多いこともあり、多くの人が勧められるがまま加入したものに入り続けています。しかし、もちろん火災保険は自由に乗り換えることは可能です。住宅ローンを借りた金融機関が勧める火災保険に入らなければいけないということはありません。

また、住宅を購入した人だけでなく賃貸に住んでいる人も火災保険を乗り換えることは可能です。賃貸の方は不動産屋に勧められた火災保険に入っているケースが多いと思います。しかし、賃貸借契約と火災保険の契約は別物です。販売手数料などのために特定の会社の火災保険を勧めることが多いですが、その会社と必ず契約しなければいけないということはありません。

途中解約しても返戻金がある

火災保険は長期契約をしている方も多いと思います。契約の途中で解約しても支払った保険料が無駄になるということはないので安心してください。未経過期間に応じた保険料が解約返戻金として戻ってきます。返戻率は保険会社によって異なりますので詳しくは保険会社にご確認ください。また、保険会社が気を利かせて解約してくれるということはないので、自分から進んで解約の連絡をするようにしましょう。

途中解約
火災保険を途中で解約したら支払った保険料はどうなる?
火災保険は保険料を安くするために長期契約している人も多いかと思います。しかし、引っ越しをすることになったなどで火災保険を解約する必要が生じる場合もあります。その ...

続きを見る

質権設定されている場合は注意が必要

火災保険が質権設定されている場合は火災保険の変更に質権設定者である金融機関の同意が必要です。

火災保険の質権設定とは、住宅ローンなどの借入金の担保として、火災保険の保険金を請求する権利に対して質権を設定することをいいます。また、質権とは、債務が返済されるまでの間、債権者が債務者から受け取った物品や権利などの担保を保管する権利のことです。火災等で家を失ってしまった場合でも住宅ローンの貸付金を回収するために質権設定を求められることがあります。

この質権設定がされている場合、火災保険の乗り換えを行うには質権設定者である金融機関の同意が必要となります。勝手に現在の契約を解約することはできないので注意しましょう。

質権設定
火災保険の「質権設定」って何?
最近は少なくなってきましたが、住宅ローンを借りて物件を購入する場合、ローンを借りる金融機関から火災保険に質権設定をすることを求められることがあります。しかし、質 ...

続きを見る

火災保険の乗り換えのタイミング

火災保険は自動車保険のような等級制度がないので、等級面で不利にならないようにタイミングを計る必要もありません。なので、思い立ったタイミングで乗り換えても大丈夫なのですが、いくつか乗り換えを考えた方が良いタイミングがあります。そのタイミングについて紹介します。

満期を迎えたとき

火災保険の満期を迎えたら、同じ保険会社でそのまま更新するのではなく保険会社の乗り換えを検討してみましょう。火災保険は昔契約したときと比べて、保険期間や割引、補償内容など様々な面で変更があります。複数の保険会社を比較して自分に合った補償内容・保険料の火災保険を探しましょう。

増築やリフォームをしたとき

増築やリフォームをした場合、建物の評価額や構造、必要な補償が変わることがあります。この場合、保険会社に連絡して保険金額を増やしたり保険料を再計算したりする必要があります。乗り換えを行っても行わなくても保険料が変わるのであれば、他の保険会社と比較してより条件が良いところへの乗り換えを検討しましょう。

増築
自宅を増築したら火災保険の見直しが必要!
子どもが生まれた、親と同居することになったなどの家族構成の変化などが理由で自宅の増築をすることがあります。自宅を増築する場合、忘れてはいけないのが火災保険です。 ...

続きを見る

補償内容が十分か不安に思ったとき

地震や大雨による洪水・土砂崩れなど自然災害のニュースを聞いて、現在の火災保険の補償内容について不安を感じたときは火災保険の乗り換えを検討すべきタイミングです。まずは現在の契約の補償内容を確認してみて、不足しているのであれば複数の保険会社から見積もりを取って補償内容や保険料を比較してみましょう。

家族構成が変化したとき

家族構成が変わったら必要な家財についても変化します。保険の対象に家財も含めている場合は保険金額を見直す必要があります。現在契約している保険会社で保険金額を増減させてもよいですが、どうせなら他の保険会社とも比較してみましょう。

火災保険の見直しのポイント

火災保険を見直す際に注意すべきポイントを紹介します。

「時価」ではなく「新価」で契約する

昔に契約した火災保険では保険金額が消耗分などを減額する「時価」での契約になっているのが一般的です。しかし、この契約では火災などで建物が全損したときに十分な保険金が支払われない可能性があります。新たに契約する際には、消耗分が差し引かれず全損時に同等の建物を再建築・再購入するのに必要な金額が支払われる「新価」での契約にしましょう。

地震保険も検討する

地震・噴火、これらによる津波を原因として起きた損害については火災保険では補償されません。火災保険とセットで加入する地震保険の契約が必要です。地震は日本ではいつ、どこで起こっても不思議ではありません。南海トラフ地震など大きな地震が警戒されている地域だけでなく、他の地域に住んでいる方も地震保険の契約を検討しましょう。

地震
地震保険の基礎知識
日本は地震大国であり、甚大な被害をもたらす規模の地震もたびたび起こっています。しかし、地震で受けた被害については火災保険のみでは補償を受けることができません。火 ...

続きを見る

不必要な補償は削る

火災保険は当然のことながら補償内容が手厚くなるほど保険料も高くなります。不必要な補償については削るようにしましょう。最近の火災保険では水災補償だけでなく様々な補償内容について有無を選べるようなものもあります。ハザードマップなどを確認して不要な補償については外して保険料を安くしましょう。

補償の空白期間を作らないようにする

乗り換えを行う場合は火災保険の補償の空白期間を作らないように注意しましょう。火災や自然災害はいつ起こるか分かりません。空白期間中に火災や自然災害による損害が発生したら、保険金なしで修復する必要があります。自動車保険の場合は最悪車に乗らないという方法もありますが、火災保険では避けようがないので空白期間はことさら作らないように注意しましょう。

一括見積もりで火災保険を比較しよう

火災保険の乗り換えを行う際には複数の保険会社を比較することが大切です。同じ条件であっても保険会社によって保険料が異なりますし、各保険会社が提供しているサービスについても違いがあります。しかし、数多くある保険会社について1社1社比較していくのは大変です。そこでおすすめなのが、火災保険の一括見積もりサービスです。建物や必要な補償内容などの情報を一度入力するだけで複数の保険会社の見積もりを取ることができます。一括見積もりサービスを利用して乗り換え先の保険会社を探してみましょう。

火災保険は比較で安くなる!
火災保険は比較で安くなる!

-火災保険の選び方

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.