火災保険の基礎知識

火災保険、一度使うと契約は終わる?保険料は上がる?

投稿日:

住宅を守る火災保険は、安心して暮らすうえで欠かせないものです。そんな火災保険ですが、仮に災害やトラブルが発生し保険金を受け取った場合、契約は終わってしまうのでしょうか。また、自動車保険と同様翌年の保険料が上がってしまうことはあるのでしょうか。
今回の記事では、火災保険を一度使うことによる保険料への影響や、火災保険を使用すると契約自体はどうなるのかなどを解説していきます。

火災保険とは

火災保険は、住宅を守る保険です。基本的に住宅ローンや賃貸物件を貸し出す条件に入っているので、多くの住宅は火災保険に加入しています。
また火災保険はその名前から「火事にしか使えないのでは?」と思われることも多いのですが、故障や破損事故など、日常的な住まいのトラブルにも役立つ可能性があります。

☝例えばこんなケースで支給される可能性も…

自宅マンションの駐車場で自転車が盗まれた
お気に入りのお皿を落として割ってしまった
お風呂場で滑ってドアにひびが入った など

保険料の決まり方

建物構造火災保険の保険料は、都道府県単位で定められています。年毎や各地域の自然災害の発生率や時代のニーズなどを基に、補償内容や保険料、サービスの改正が都度行われています。また、建物構造によっても保険料は変動します。一般的には、戸建てよりマンションの方が保険料が安くなる傾向にあります。

ワンポイント

2022年の秋以降、長期契約の期間が最長10年から最長5年への変更が予定されているので、火災保険の見直しは値上げ前に行った方がお得になるかもしれません。
2022年、火災保険が大幅値上げ!火災保険の切り替えは今がベストタイミングかも
2022年、火災保険の価格が引き上げられます。今回は、値上げに対してどのような対策ができるかを紹介していきます。 火災保険が値上げします 火災保険一括見積もり ...

続きを見る

火災保険を使うと保険料は上がる?

使用自体は保険料に影響しない

自動車保険のように「保険を使用すると翌年の保険料に影響が出るのではないか?」と心配されている方もいるかもしれません。ただ自動車保険は「等級」をもとに保険料が変動するため、保険を使うことによって等級が下がり、翌年の保険料が上がるという仕組みとなっています。火災保険には、その「等級」が存在しません。
よって、火災保険を使ったからといって保険料が上がるというわけではないので安心してください。

災害発生の後は上がる可能性も

火災保険の場合、災害リスクが保険料設定に大きく影響するため、大規模な自然災害が起こった後は火災保険料があがってしまう可能性があります。
ただ逆も然りで、地域によっては改正によって保険料が下がるケースもあったり、時代に合わせて新たな補償や特約が生まれている可能性もあります。既に火災保険に加入している人は、加入時から保険料が変動している場合もあるので、定期的に火災保険の見直しをすることで、保険料を軽減できるかもしれません。

火災保険を見直すときは一括見積サービスを活用することで、効率よく保険料や補償内容を比較することができます。

火災保険の使用回数に上限はある?

使用回数に制限はない

基本的に、火災保険料は”〇〇回までしか使用できない”などの回数規定は特にありません。よって、トラブルが続いて起きてしまっても、規定内であればそれぞれ保険金を請求できる可能性があるということです。保険料にも影響がないことを考えると、トラブル時には火災保険を活用した方がいいでしょう。
火災保険をうまく活用できるよう、今自分の加入している火災保険の補償範囲はどうなっているのかしっかりと確認・認識しておくことをおすすめします。

保険金に税金はかかる?

何回も火災保険を活用したいものの、受け取った保険金には税金がかかるのかを気になる方もいるかもしれません。結論から述べると、火災保険申請でおりた保険金は非課税となります。よって確定申告する必要もありません。
そもそも火災保険の目的は「損害の補てん」であり、保険金を受け取ったところで自分に利益は生じないため当然税金はかからないのです。

契約が終わるケースは?

当然ですが、どんなケースでも火災保険を継続できるわけではありません。一定の条件を満たすと、火災保険の契約が終わってしまいます。それは、建物や家財が全損となり、損害保険金を満額受け取った場合です。

全損の定義は?

保険会社の定義によりますが、契約した際に設定した保険金額の80%以上の金額を1回で受け取った場合「補償対象となる建物が全損した」と判断され、保険契約が終了してしまいます。80%未満の保険金受取であれば、何度でも補償を受けることができます。
例えば、災害被害により設定した保険金の50%を受け取ったとします。その翌年に別の被害によって保険金の50%を再度受け取っても、契約終了には至りません。しかし、被害にあった際に、設定した保険金の80%の保険金を1回で受け取った場合、火災保険の契約は終了となります。

事例

1000万の火災保険金額の場合…
799万以下であれば、何回受け取っても契約は終了しない
☝800万以上を1回で受け取った場合、契約は終了

契約が終了したら?

上記のケースによって火災保険の契約が終了した場合、次の住まいや復興後の住まいに対して、新たに火災保険を契約する必要があります。長年加入する火災保険だからこそ、補償内容や保険料はしっかりと比較しましょう。一括見積サービスなどをうまく活用することで、スムーズに再契約に進むことができます。

まとめ

さて今回の記事では、火災保険を一度使うことによる保険料への影響や、火災保険を使用すると契約自体はどうなるかなどを解説しました。
火災保険は様々な場面で支給を受けられる可能性があり、保険料への直接的な影響や使用回数制限もないため、自身の補償内容をしっかりと把握してうまく活用していきましょう。ただ設定した保険金額の80%以上の金額を1回で受け取った場合は、保険契約が終了してしまうこともあるので注意が必要です。
火災保険は時代とともに補償内容や保険料が変動するため、定期的な見直しを行いましょう!

自動車保険も安くしませんか?
一番安い自動車保険を探す方はこちら!

自動車保険は比較で安くなる!

インズウェブSNS公式アカウント

  • Twitter
  • facebook
  • instagram
  • tiktok
  • LINE
  • youtube
  • pinterest
  • note
  • Twitter
  • facebook
  • instagram
  • tiktok
  • LINE
  • youtube
  • pinterest
  • note

記事が参考になったらシェアお願いします!

  • この記事を書いた人

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。火災保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で火災保険に関する様々なお役立ち情報を提供しています。

-火災保険の基礎知識

\火災保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.