火災保険の基礎知識

火災保険の個人賠償責任保険で自転車保険加入義務にも対応できる

投稿日:2019年3月7日 更新日:

201510月より、兵庫県で自転車保険の加入が全国で初めて義務化され、各種ニュースでも取り上げられました。その後、その他都道府県や市町村でも自転車保険の加入が義務化・努力義務化されたところがあります。仮に自転車保険の加入が義務化となった場合、新たに自転車保険に加入しなければならないのでしょうか?

自転車保険加入義務化の背景

自転車は幼児から高齢者まで幅広い年代の人たちが手軽な移動手段として利用しています。その一方で、歩行者と自転車の事故は増加傾向にあり、自転車側に対して高額な賠償が命じられる事例も見られるようになりました。このような状況の中で、自転車の安全な利用を促進するのと高額な損害賠償に備えるために自転車保険の加入義務化を定める条例が制定されたのです。

自転車事故の高額賠償事例

賠償額 裁判所 判決日 事故の概要
9,521万円 神戸地裁 平成25年7月4日 当時11歳の男児が夜、自転車で走行していたところ、歩行していた62歳の女性と正面衝突し、女性は頭蓋甲骨折などの障害を負い、意識が戻らない状態になった。高額な損害賠償に加えて母親に支払い命令が出されたことが大きな話題となった。
9,266万円 東京地裁 平成20年6月5日 男子高校生が昼間、自転車横断帯のかなり手前の歩道から車道を斜めに横断していたところ、対向車線を自転車で直進していた24歳の男性会社員に衝突、男性会社員は言語機能の喪失などの重大な障害が残った。
6,779万円 東京地裁 平成15年9月30日 男性が夕方の時間帯にペットボトルを片手にスピードを落とさず下り坂を走行して交差点に進入したところ、横断歩道を歩行中だった38歳の女性と衝突し、女性は3日後死亡した。
5,438万円 東京地裁 平成19年4月11日 男性が昼間の時間帯、信号無視をして速いスピードで交差点に進入し、青信号で横断歩道を横断中だった55歳の女性と衝突、女性は頭蓋内損傷などで11日後に死亡。
4,746万円 東京地裁 平成26年1月28日 男性が昼間の時間帯、信号無視をして赤信号で交差点を直進し、青信号で横断歩道を歩行中だった75歳の女性に衝突、女性は脳挫傷などで5日後に死亡。

個人賠償責任保険で備えられる?

火災保険は特約で個人賠償責任保険をつけることができます。個人賠償責任保険は日常生活において、契約者自身またはご家族の方が他人にケガをさせてしまったり他人のものを壊してしまったりして損害賠償責任を負った場合に備える保険です。この保険で、自転車事故による損害賠償にも備えることができるので、別途自転車保険に入らなくても自転車保険の加入義務に対応できるのです。

個人賠償責任保険は自転車の事故による損害賠償以外にも、以下のような事例にも備えることができます。

備えられる事例

  • 飼い犬の散歩中、犬が他人にかみつきケガをさせてしまった場合
  • 買い物中にガラス製品を落としてしまい、賠償することになった場合
  • 洗濯機のホースが外れていてマンションの下の階に水が漏れてしまった場合
  • 子供がボールで遊んでいて、他人の家の窓ガラスを割ってしまった場合
  • 子供がいたずらで他人の車を傷つけてしまった場合
個人賠償
火災保険の個人賠償責任特約とは?
火災保険の特約として加入できる個人賠償責任保険は堅い名前とは裏腹に日常の幅広いトラブルに対して利用することができます。特にマンション等の集合住宅にお住まいの方に ...

続きを見る

自身のケガにはどう対応する?

個人賠償責任保険は事故相手への損害賠償には備えることができますが、事故によって負った自分のケガには備えることができません。しかし、そのためだけに自転車保険に加入するのは少し立ち止まって考えた方がよさそうです。既に医療保険や生命保険に加入していれば、ケガや死亡したときの保障には備えられています。また、医療保険や生命保険に加入していなくても、同一月に高額な医療費を支払った場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が後で払い戻されます。自転車保険に加入した方がよいのか、個人賠償責任保険+医療保険・生命保険で大丈夫なのか今一度検討してみてください。

まとめ

自転車を安全に利用するため、また自転車事故による高額賠償に備えるために自転車保険の加入が義務化されている自治体があります。この義務化で求められているのは事故相手への損害賠償に備えるものなので、火災保険などで特約として加入できる個人賠償責任保険でも対応できます。自身のケガについても既に医療保険や生命保険に入っていれば改めて保障を追加する必要性があるのか考えてみるとよいでしょう。

火災保険は比較で安くなる!
火災保険は比較で安くなる!

-火災保険の基礎知識

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.