火災保険の基礎知識

自宅のフェンスが壊れてしまった場合、火災保険は使える?

投稿日:

台風による強風でフェンスが倒れたり曲がったりしてしまった、フェンスに当て逃げされて損壊してしまったというようなことがあった場合、火災保険の補償対象となるのでしょうか。どのような場合に保険金が支払われるのかや請求の仕方などついて紹介します。

フェンスの損傷も火災保険で補償される?

火災保険に詳しくないと、フェンスという建物の外にあるものが火災以外の原因で損傷しても火災保険では補償されないと思うのではないでしょうか。しかし実際は、条件を満たせば火災保険を使うことができます。主な条件としては以下のものがあります。

  • 保険の対象に建物が含まれ、建物付属物も補償範囲に含んでいること
  • フェンスが壊れた原因について火災保険の補償内容に含まれていること
  • 損害額が免責金額を上回っていること

以下、個別に説明していきます。

保険の対象に建物が含まれ、建物付属物も補償範囲に含んでいること

火災保険の対象は建物と家財とに分かれています。火災保険の契約が家財のみで建物が含まれていない場合、フェンスは家財ではないので火災保険で補償を受けることができません。また、保険の対象に建物を含んでいても建物付属物を補償範囲に含んでいない場合も補償対象となりません。

基本的には建物を保険の対象とする場合は建物付属物も補償範囲に含めるので、申込時に自分から含めないよう依頼しなければ補償範囲に入っています。しかし、もし不安であれば保険証券を確認するか保険会社や代理店に確認してみましょう。

門
火災保険で門や塀、物置などは補償される?
火災保険では建物と家財の損害について補償を受けることができます。それでは建物そのものではなく、門や塀、物置・車庫などは火災保険で補償されるのでしょうか?このよう ...

続きを見る

フェンスが壊れた原因について火災保険の補償内容に含まれていること

火災保険で補償を受けられるのは火災保険の補償範囲に含まれた原因で損傷が発生した場合です。補償を受けるためには、例えば、台風による強風でフェンスが壊れたという場合は風災補償、車に衝突されたという場合は外部からの物体の落下・飛来・衝突を補償範囲に含んでいる必要があります。

なお、車に衝突されたというような場合、基本的には火災保険を使うのではなく、その車を運転していた人に賠償してもらうことになります。衝突した車が逃げてしまって相手が分からないというような場合に火災保険を活用することとなります。

損害額が免責金額を上回っていること

免責金額の設定がある場合、フェンスの修理費用が免責金額を上回っていないと保険金の支払を受けられません。免責金額として設定されている金額分は保険金が支払われないので自己負担しなければならないのです。

なお、免責金額にはフランチャイズ方式と免責方式の2つの方式があります。フランチャイズ方式は一昔前の火災保険の風災・雹災・雪災補償についていた方式で、20万円未満の損害の場合は保険金が支払われず、20万円以上の場合は全額支払われます。免責方式は最近の火災保険に多い方式で、損害額がいくらであっても免責金額の分の金額を除いた保険金が支払われます。例えば免責金額が3万円の場合で損害額が10万円の場合は保険金として7万円が支払われます。

フランチャイズ方式の免責金額の設定がある場合は20万円以上の損害にならないと保険金が支払われません。どのような契約になっているのか保険証券などで確認しておきましょう。

フェンスが倒れて他人に損害を与えてしまった場合は?

フェンスが倒れてしまったときにちょうど通行人が通っていたなどしてケガをさせてしまったり、お隣の家のものを傷つけてしまったりした場合はどうなるのでしょうか。

自然災害が原因でフェンスが倒れて他人に損害を与えてしまったという場合では、基本的に損害賠償責任は負いません。後は損害を与えてしまった人への気持ちの問題です。

自然災害が原因であってもフェンスの管理に不備がある場合は損害賠償責任が発生することがあります。そうした場合などで損害賠償責任を負った場合は個人賠償責任保険で補償を受けることができます。個人賠償責任保険は火災保険の特約や自動車保険の特約などで契約することができます。

個人賠償責任保険はフェンスが倒れて損害を与えてしまったという場合以外にも自転車で人を轢いてしまった場合や飼い犬が人を噛んでしまった場合、買い物中に商品棚からガラス製品を落として壊してしまった場合など、日常生活において契約者自身またはご家族の方が他人にケガをさせてしまったり他人のものを壊してしまったりして損害賠償責任を負ったときに使うことができます。

個人賠償
火災保険の個人賠償責任特約とは?
火災保険の特約として加入できる個人賠償責任保険は堅い名前とは裏腹に日常の幅広いトラブルに対して利用することができます。特にマンション等の集合住宅にお住まいの方に ...

続きを見る

火災保険の請求方法

フェンスが壊れてしまったというときに火災保険を請求する手順を紹介します。

step
1
保険会社に連絡

まず、契約する保険会社に損害を受けたことを連絡してください。契約者氏名、保険証券番号、事故内容、被害状況などを伝えることとなります。

step
2
保険会社から必要書類等が送られてくる

保険会社に連絡すると、保険金の請求に必要な書類や案内が送られてきます。内容をしっかりと確認するようにしましょう。

step
3
保険会社に必要書類の提出

保険会社からの案内に従って必要な書類を用意して保険会社に書類を提出しましょう。保険会社指定の保険金請求書、修理費用の見積書、被害の状況がわかる写真などが必要となります。

step
4
保険会社による鑑定人の調査

鑑定人が被害状況の確認・調査を行います。調査結果と契約者からの申請書類などをもとに保険金の支払対象か審査を行い、支払われる保険金の金額が確定します。

step
5
保険金の入金

保険金の金額が確定したら、契約者指定の口座に保険金が支払われます。

火災保険の請求での注意事項

経年劣化は対象外

経年劣化が原因でフェンスが壊れてしまったという場合は火災保険の補償を受けることができません。自然災害などによる被害を受けた時に経年劣化による損害と判断されないよう、日ごろから適切にメンテナンスを行うようにしましょう。

修理前に写真を撮る

火災保険の請求前に修理を行う必要があるという場合は必ず被害の状況が分かるように複数方向から写真を撮っておきましょう。修繕を行う前後の写真や罹災証明書、工事業者の見積書などが存在せず、被害の程度を立証できないと保険金が支払われない可能性があります。

請求期限は3年

火災保険の請求期限は3年です。被害を受けた後に放置していて3年経過してしまった場合は時効として保険金を請求する権利が消滅してしまいます。被害を受けたら忘れないうちに保険金の請求を行うようにしましょう。

まとめ

自宅のフェンスが壊れてしまったという場合でもその原因によっては火災保険で補償を受けることができます。現在どのような補償内容になっているのか分からない場合は保険証券を確認するか、契約する保険会社や保険代理店に確認しましょう。

補償内容を確認してみて見直しの必要を感じたのならば火災保険一括見積もりサービスを利用してみましょう。建物の情報や希望する補償内容などを入力することで一度に複数の保険会社の見積もりを取ることができます。現在の火災保険よりも良い内容で契約することができるかもしれません。

-火災保険の基礎知識

\火災保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.