失火法(失火責任法)

しっかほう(しっかせきにんほう)
民法上(709条)において不法行為責任というものが記載されているが、火災においてはそれを適応させない法律のことである。
例)隣の家が火災をおこして、損害を受けたとしても隣の家に重大な過失がない限り賠償してもらえない場合があるようです。