明記物件

めいきぶっけん
宝石、貴金属、書画、骨とう、彫刻物その他の美術品などで30万円以上するもの関しては一つ(一組)ずつ証券に明記する必要があり、その様なものを示します。